@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

12音音楽【じゅうにおんおんがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

12音音楽
じゅうにおんおんがく
twelve-tone music; dodecaphony
半音階を形成する 12の音を平等に1回ずつ用いた音列を作曲の出発点とし,各音を平均して用いることによりすべての音を同価値とし,従来の機能和声にみられるエネルギーの方向性を否定して,調性や旋法に基づかない新しい体系のうえに立つ音楽。ハウアーにより 1919年頃,シェーンベルクにより 23年組織的な体系が確立されたが,後者により芸術的にも高められ,その後,彼の弟子であるウェーベルンベルクにより推進された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

12音音楽」の用語解説はコトバンクが提供しています。

12音音楽の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation