@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

5つのディシプリン【いつつのでぃしぷりん】

ナビゲート ビジネス基本用語集

5つのディシプリン
環境の変化に適応して生産性を高めていく組織となるために、メンバーが習得すべき5つの技術のこと。米国の経営学者 P.センゲの著書『第5のディシプリン(邦題:最強組織の法則)』の中で提唱された。 (1)自己マスタリー……個人が現実を客観的に認識し、自己の将来像とのギャップを埋めるべく主体的に学習するようになること。 (2)メンタルモデル……個人が無意識に抱いている固定観念やイメージを自覚し、それにとらわれない見方ができるようになること。 (3)ビジョンの共有……将来像を組織全体で共有すること。 (4)チーム学習……チーム単位で対話を行いアイデアを出しあったり、討論によって最善策を絞りこんだりすること。 (5)システム思考……部分を全体の中に位置づけ、相互に関連しあったものとしてとらえる思考。このシステム思考がほかの4つを統合する第5のディシプリンとなる。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

5つのディシプリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

5つのディシプリンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation