@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

731部隊

朝日新聞掲載「キーワード」

731部隊
関東軍防疫給水部のことで、1936年、旧満州・ハルビン郊外に設置された。細菌兵器などを開発し、中国人やロシア人捕虜らを細菌に感染させたり、凍傷にかからせたりといった生体実験をしたとされる。敗戦直前に施設を破壊し、撤退した。実態は謎に包まれているが、81年に作家の森村誠一氏が部隊を取り上げたノンフィクション「悪魔の飽食」を出版。人体実験や実戦への関与について関係者が証言してきた。
(2016-12-08 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

731部隊
旧日本軍の特殊部隊で、正式名は「関東軍防疫給水部」。1936年、中国東北部(旧満州)のハルビン郊外に設けられた。ペストコレラによる細菌兵器の開発を担い、中国戦線では実際に使われたとされる。中国人やロシア人の捕虜らを細菌に感染させたり、凍傷にかからせたりなどの生体実験を行い、犠牲者を出したと言われている。敗戦直前に施設を破壊し、撤退した。
(2017-06-24 朝日新聞 朝刊 名古屋・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

ななさんいちぶたい【731部隊】
旧日本陸軍の生物(細菌)戦部隊の秘匿部隊名。正式には関東軍防疫給水部という。731部隊という名称は,1941年(昭和16)8月から45年5月までのものであるが,現在では一般にその前身・後身機関を含めて731部隊と総称されている。 日本における生物兵器の研究・開発は,1932年8月,陸軍軍医学校に3等軍医正(当時,少佐に相当)石井四郎を主幹とする防疫研究室が設置されたことに始まる。また,同年石井は満州に赴き,ハルビン近郊背陰河に関東軍防疫班(秘匿名,加茂部隊)を設立し,以後,生物化学兵器に関して,防御面は軍医学校,攻撃面(兵器開発と実戦)は満州の部隊で進められることになった。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

731部隊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

731部隊の関連情報

関連キーワード

マキノ雅広斎藤寅次郎清水宏スペイン内戦山本嘉次郎[各個指定]工芸技術部門バラングルートヘニー数学基礎論ソビエト連邦憲法

他サービスで検索

「731部隊」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation