@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

AFTA【アフタ】

デジタル大辞泉

アフタ【AFTA】[ASEAN Free Trade Area]
ASEAN Free Trade Area》アセアン自由貿易地域。1994年の第4回アセアン東南アジア諸国連合首脳会議で合意された域内自由貿易圏構想。農産品等を除く主要貿易品目の域内関税を0~5パーセントに引き下げることなどを内容とする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

AFTA
あふた
ASEAN Free Trade Area

ASEAN(アセアン)自由貿易地域。1993年1月に発足。ASEAN(東南アジア諸国連合)域内の経済協力推進のため1992年1月の首脳会議で設置に合意。各国が相互に関税障壁を削減し、域内の貿易、投資を拡大させるのが目的である。具体化のため1993年1月からCEPT(共通有効特恵関税)制度を創設。工業製品、農産加工品、資本財の実効関税を5%以下に削減することを目標にしている。目標年次は2003年だったが、1998年12月のハノイ首脳会議で経済危機への対応としてAFTAの完全実施目標を2002年に前倒し、2000年(ベトナムは2003年、ラオスとミャンマーは2005年)までに対象品目9割の関税を5~0%に引き下げることで合意、1999年9月のAFTA閣僚評議会で主要6か国は2015年に、後発加盟4か国は2018年を目標に関税ゼロとすることを決めた。

[大井 誠]

 2003年1月、CEPT枠の関税を5%以下にするという目標から、関税撤廃へと、より進めることになった。主要国は2010年まで、残りの国は2015年までにすべての輸入関税の撤廃を目標としている。2007年7月現在で、主要6か国は全適用品目のうち72%が関税0%であり、5%以下の品目も27%と計99%に達した。しかし、残り4か国のうち、ベトナムは関税0%が52%に達しているが、ほかはあまり進んでいない。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

AFTA
ASEAN自由貿易地域」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

AFTA
ASEAN自由貿易地域」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

AFTA」の用語解説はコトバンクが提供しています。

AFTAの関連情報

関連キーワード

ASEAN東南アジア諸国連合ASEAN自由貿易圏アジア太平洋自由貿易圏東アジア地域包括的経済連携東南アジア諸国連合ASEANASEAN経済共同体クアラルンプール宣言東南アジア史(年表)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation