@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ALM【エーエルエム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ALM
エーエルエム
asset liability management
資産・負債総合管理。アメリカの大手商業銀行で開発された銀行財務におけるダイナミックな資産・負債管理手法のこと。資金の調達・運用に伴うリスクを信用リスク,流動性リスク,金利変動リスクに区分し,その上で銀行全体から見たリスク・ポジション焦点を当て,金利,為替利回り変動予測に基づき,将来的な資産と負債バランスの適性化に留意しつつ,総合的に管理していくことで収益最大化を図る手法。金利自由化の進展や金融の国際化が激化した結果,ALM導入機運が高まり,特に 1980年代後半には ALMのシステム化,効率化が進んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

ALM
資産と負債の構成、例えば銀行であれば、全ての預金や貸し出しの金利・期間を把握し、将来の公定歩合等の変動を予測し、それを踏まえた上で、リスクの最小化と収益の極大化を図るリスク管理の手法。1970年代に米国で普及したが、金利自由化による金利変動の影響やデリバティブ取引の拡大によるマーケット・リスクの増大を背景に、日本でも金融機関を中心にその重要性が高まっている。ALMが管理するリスクにはマーケット・リスク、流動性リスク、信用リスク等がある。日本の銀行の場合、ALMはバンキング勘定の金利リスク管理を中心に用いられてきた。しかし、近年では、大手行を中心に、トレーディング、バンキング両勘定のマーケット・リスク、信用リスク等を一括管理する統合リスク管理の導入に取り組み始めている。
(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

エー‐エル‐エム【ALM】[assets and liabilities management]
assets and liabilities management資産負債総合管理。銀行の資金管理手法の一。1970年代の中頃に米国の銀行が始めたもので、将来の金利・為替・利回りなどを予測し、資産と負債のバランスをとりながら収益を増大しようとする技法。特に金利リスク、信用リスクなどのリスク管理に特色がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Wisdomビジネス用語辞典

ALM
資産と負債を総合的に管理することにより、金利変動や為替相場の変動などの市場リスクと流動性リスクを管理する手法。市場のリスクが多様化するにつれてALMの手法も高度化しあらゆる種類のマーケットリスクを対象として、全体のリスク量を測定。そのリスクをコントロールしながら収益の極大化を狙う経営管理手法として発展している。

出典:「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)
「Wisdom」とは、NECが運営するビジネス情報サイトです。Copyright NEC Corporation All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

Alm

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ALM」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ALMの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation