@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

AOC【アーオーセー】

デジタル大辞泉

アー‐オー‐セー【AOC】[appellation d'origine contrôlée]
《〈フランスappellation d'origine contrôléeフランスワイン原産地統制名称。d'origineの部分にそれぞれの原産地名が入る。ワイン法による品質規格制度に基づいて、ワイン銘醸地の細かい指定と厳しい規制によって統制管理された高品質のワインに付与される称号。約400種類あって、ワインのラベルに表示されている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エー‐オー‐シー【AOC】[appellation d'origine contrôlée]
《〈フランス〉appellation d'origine contrôlée》⇒アー‐オー‐セー(AOC)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

アーオーセー【AOC】

エーオーシー。⇒エーオーシー

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エーオーシー【AOC】

フランスの原産地呼称。「Appellation d'Origine Contrôlée」の頭文字で、「原産地統制呼称」などと訳す。ワインでは、多くの場合、「d'Origine」の部分に特定の地域や指定区域の名称が入り(たとえば「ブルゴーニュ」という地域名を入れて「Appellation Bourgogne Contrôlée」となる)、原産地名が狭い区域であるほど(たとえば「ブルゴーニュ」「ボルドー」という地域名よりも「シャブリ」「マルゴー」といった地区名・村名のほうが)格付けが高くなる。乳製品などの場合には、「Appellation d'Origine Contrôlée」という文言とともに特定の地域や指定区域の名称を表示する。フランスの原産地呼称制度では、ワインについては、条件の厳しい順に「AOC」「AOVDQS(appellation d'origine vin délimité de qualité supérieure)」「Vin de Pays」、産地名を表示しない「Vin de Table」の4カテゴリーに区分されている。EU域内共通に規定された「地理的表示」であるAOPにはAOCおよびAOVDQSが、IGPにはVin de Paysが相当する。⇒原産地呼称

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

AOC」の用語解説はコトバンクが提供しています。

AOCの関連情報

関連キーワード

AOP原産地統制呼称DOP

他サービスで検索

「AOC」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation