@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

APG分類体系【エーピージーブンルイタイケイ】

デジタル大辞泉

エーピージー‐ぶんるいたいけい【APG分類体系】
1990年代にDNA解析による分子系統学に基づいて新たに構築された被子植物の分類体系従来形態構造に基づく新エングラー体系クロンキスト体系に替わる分類体系として発表。この体系により、被子植物は原始的な双子葉植物一群真正双子葉植物、および単子葉植物の三つに大別された。名称は被子植物系統グループ(Angiosperm Phylogeny Group)という植物学者の団体の頭文字から。APG体系

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

APG分類体系
えーぴーじーぶんるいたいけい
被子植物の新しい分類体系。対象とする生物の系統関係(祖先と子孫の関係)に基づいて分類を行う系統分類の一つ。DNAの塩基配列やタンパク質のアミノ酸配列の違いから生物の系統関係を調べる分子系統解析の結果が反映されている。被子植物系統グループ研究者集団APG(Angiosperm Phylogeny Group)により、1998年に最初に発表され、その後2003年、2009年および2016年に改訂されており、それぞれAPG、APG、APG、APGとよばれる。それ以前に使われていたエングラーやクロンキストArthur Cronquist(1919―1992)の分類体系は、おもに形態の異同に基づいて類縁関係を推定していたが、APG分類体系では、DNAの塩基配列の差異に基づいた系統関係を根拠としている。また、以前は、進化の指標とした花弁の数や子葉の数などの特定の形質を共有していることで分類群をまとめていたが、APG分類体系では、共通祖先から由来するすべての子孫を含む「単系統群」を分類群とする。そのため、分類が大きく変わったグループもある。たとえば、多数の種が含まれていたユリ科やユキノシタ科、ゴマノハグサ科の以前のまとまりは、分子系統解析の結果、単系統群ではないことが明らかとなり複数の(単系統の)科に分割・再編されている。[邑田 仁]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

APG分類体系」の用語解説はコトバンクが提供しています。

APG分類体系の関連情報

関連キーワード

核酸組換えDNADNA鑑定遺伝子クローニングと遺伝子増幅遺伝子操作遺伝子工学DNA遺伝子ゲノム・遺伝子・染色体の関連放射線療法

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation