@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

APSフィルム【ええひいえすふいるむ,えーぴーえすふぃるむ】

カメラマン写真用語辞典

APSフィルム
 イーストマン・コダック社が提唱、平成8(1996)年にフィルムメーカーとカメラメーカー5社が規格化した。35mmフィルムよりも画面が小さく、ほぼハーフ判サイズのフィルム規格。専用のカートリッジに入っていて、装填が簡単である。また、感度やそのほかの情報も自動的にセットされ、インデックスプリントもできる。画面サイズをAPS-C(35mmカメラと同じアスペクト比3:2)、APS-H(ハイビジョンサイズ)、APS-P(パノラマ)とカメラ側で切り替えられるのも特徴。   フィルムの規格としては決して成功したとは言えないが、 APS-Cサイズ は後年登場したデジタル一眼レフカメライメージセンサー の標準サイズとして定着した。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

APSフィルム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

APSフィルムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation