@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ASIC【えーしっく、えいしっく】

デジタル大辞泉

エー‐エス‐アイシー【ASIC】[application specific integrated circuit]
application specific integrated circuit》⇒エーシック(ASIC)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

エーシック【ASIC】[application specific integrated circuit]
application specific integrated circuit特定用途向け集積回路。標準的メモリー、汎用集積回路と異なり、特定の用途のために、特別に設計された集積回路。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

ASIC
 Application Specific Integrated Circuit の略。特別に用途を決めたIC(集積回路)のことだが、デジタルカメラでは画像処理のメイン回路を指すことが多い。つまり、一般に「映像エンジン」とか「画像処理エンジン」と呼ばれているものだ。メーカーによってはDSPDigital Signal Processor)という言葉を使う場合もあるが、これもオーディオからカメラまで広い範囲で使われる用語である。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

エーシック【ASIC】
特定用途のために設計・生産されるIC総称。特定の顧客の要求に応じたカスタムICや、半導体メーカーの主導で特定用途のために設計・開発し一般の顧客に対して販売されるASSPなど。◇「application specific integrated circuit」の頭文字から。「特定用途向けIC」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ASIC
えーえすあいしー

顧客の好みにこたえる半導体集積回路(IC)を短時間で提供できるセミカスタムICのこと。Application Specific Integrated Circuitsの略語で、特定用途向けICとも訳される。フルカスタムICは開発費が高く、開発期間も長く、数量の関係から市場の要求に即応しがたいのに対し、ASICはいくぶん高価につくが、設計に自由度があり、開発期間も短時間ですむので、市場への追従性はよい。

 ASICは最適化設計により最短距離の回路が選ばれるため、小形、軽量で高性能、好みに応じた容器に実装されたICとなる。ホストコンピュータに自分のワークステーションを接続して自由に設計ができるので製品の守秘も可能である。ASICを実現させるには〔1〕ゲート利用にむだが多く、設計の自由度は少ない安価なゲートアレー、〔2〕自由度は大きくむだは少ないが、開発期間の長いスタンダードセル、〔3〕設計の自由度に限界はあるものの論理演算に適したCPU、〔4〕組合せ論理により論理関数を簡単につくれるPLD方式などがあり、目的に応じて使い分けている。

[岩田倫典]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASIC」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ASICの関連情報

関連キーワード

Application比熱容量ASSPレイヤー3スイッチASSP

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation