@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ASO【エーエスオー】

デジタル大辞泉

エー‐エス‐オー【ASO】[arteriosclerosis obliterans]
arteriosclerosis obliterans》⇒閉塞性動脈硬化症

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えーえすおー【ASO】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ASO
えーえすおー

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

ASO
antistreptolysin-O ,抗ストレプトリジンO 抗体

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

ASO
arteriosclerosis obliterans,閉塞性動脈硬化症

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

四訂版 病院で受ける検査がわかる本

ASO

基準値

250単位以下

ASO とは

 溶血性連鎖球菌によってつくられるβベータ溶血毒素(ストレプトリジンOオー=SLO)に対する抗体のこと。


溶連菌が体内に侵入し、毒素(SLO)を振り巻くとASO が出現し、戦う

溶連菌は扁桃だけでなく、腎臓の糸球体も襲う

溶連菌に感染しているか否かを調べる検査です。ASOは健康な人でも変動があるため、明らかな陽性以外は再度測定を行います。

扁桃炎のときに高値に

 扁桃へんとうが赤くはれ、発熱とのどの痛みや白苔はくたいを認める扁桃炎は、細菌が感染して発症しますが、その原因菌のひとつに溶血性連鎖球菌(溶連菌)があります。

 この菌は、感染すると毒素をつくり、生体は、この毒素に対して抗体(ASO)をつくり、抗原であるこの菌を排除しようとします。したがって、この抗体を測り、陽性になれば溶連菌に感染した変化であることが判定できるわけです。

急性糸球体腎炎でも高値に

 溶連菌はまた、急性糸球体腎炎をおこします。扁桃炎をおこしたとき、数日高熱が続き、その後、腰痛、血尿が現れると、急性糸球体腎炎の合併が疑われます。急性糸球体腎炎の合併では血圧が上昇し、尿検査では尿蛋白(→参照)が陽性、尿沈渣ちんさ(→参照)で赤血球陽性になり、血液検査では尿素窒素(→参照)やクレアチニン(→参照)が上昇します。急性糸球体腎炎は、早期の入院加療が必要になります。

 なお、急性糸球体腎炎は溶連菌が直接、糸球体を障害するのではなく、ASOと菌体成分が結合した複合体が糸球体を障害します。

 その他、溶連菌は、関節炎や心臓弁膜症を合併するリウマチ熱の原因にもなります。

明らかな陽性以外は再測定

 血清を用いて測定します。ASOは健康な人でも変動があり、明らかな陽性の場合以外は2週間以上の間隔で再測定し、2段階以上の変動があれば陽性と判断します。

 溶連菌の中には、ストレプトリジンOオー以外の毒素をつくる菌もいて、この場合は溶連菌に感染していてもASOは陰性になるため、ほかの測定法(抗ストレプトキナーゼ、ASK)を行い、溶連菌感染の有無を調べます。

陽性で症状を伴えば、くわしく検査

 溶連菌に感染しても、ASOは2週間は陰性で、2週間後から上昇し始めて短期(4~6週)で高値になり、その後、次第に低下していきます。抗菌薬治療で、抗体価の上昇は抑えられます。

 症状がなく、ASOが陽性の場合は以前に溶連菌に感染したことを示します。症状(発熱や関節痛、動悸、血尿など)を伴う場合は、血液や尿などの検査を行い、溶連菌感染の部位、合併を明らかにします。

疑われるおもな病気などは

◆高値→扁桃炎、リウマチ熱、急性糸球体腎炎、猩紅熱しょうこうねつ、血管性紫斑病など

◆低値→免疫不全症候群

医師が使う一般用語
「エーエスオー」=antistreptolysin O(抗ストレプトリジンO)の略。AS(L)Oから。「アスロ」とも

出典:法研「四訂版 病院で受ける検査がわかる本」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ASO」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ASOの関連情報

関連キーワード

閉塞性動脈硬化症閉塞性動脈硬化症末梢動脈疾患

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation