@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

AUV【AUV/えーゆーぶい】

知恵蔵

AUV
人が乗らず、母船とケーブルでつながれてもいない海中調査船の総称。数十m以浅の海中での点検や単純作業には多くの実用機があるが、さらに深い海中で長時間にわたり作業するロボットが開発されつつある。KDDは水深500mまで潜航して海底ケーブル追跡と点検に当たるアクア・エクスプローラ2(Aqua Explorer2:動力リチウム電池)を実用化した。琵琶湖では滋賀県琵琶湖・環境科学研究センターが水深110mまでの小型ロボット淡探(tantan)を使用している。東大生産技術研究所はアール・ワン・ロボットによる相模湾手石海丘の噴火孔跡を精密調査し、2003年に完成したアール・ツー型(r2D4)は、マリアナトラフのロタ海底火山と明神礁火口で熱水噴出のビデオ撮影と化学分析に成功した。海洋研究開発機構はうらしま(最大深度3500m)に固体高分子型燃料電池を搭載し、長時間・長距離の自律航行を目指してテストを行っている。米国はウッズホール海洋研のエイブ(ABE:Autonomous Benthic Explorer、最大水深5000m)によって中央海嶺山頂部の枕状玄武岩の連続撮影を行った。
(小林和男 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

エー‐ユー‐ブイ【AUV】[autonomous underwater vehicle]
autonomous underwater vehicle》人が搭乗せず、水中を自律的に航行する無人潜水艇。あらかじめ設定されたルートを航行して、水中での観測・調査・情報収集などの所定の作業を自動的に行う。自律型無人潜水機。自律型無人潜水艇。→アール‐オー‐ブイ(ROV)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

AUV」の用語解説はコトバンクが提供しています。

AUVの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation