@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

B【びー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

B
びー

英語アルファベットの第2字。セム文字のbethを起源とし、ヘブライ文字およびギリシア文字のベータ(β)を経由して発達し現在の字体に至った。小文字bは、大文字Bの上の部分を省いたもので、ラテン文字の草書体に由来している。化学ではホウ素の元素記号であり、音楽ではロ音(ドレミ唱法のシ)を表す。また4種に分類された血液型の一つを示し、また鉛筆の芯(しん)の黒色濃度を表すBはblackの略である。中世ローマ数字では300を示す。B電池とは無線電信で、真空管のプレート回路に用いる高圧電池を示す。学業評価法では、Aが優を示し、Bは良を示す。B級××といえば、評価が二流のものを意味する。

[斎藤公一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

B」の用語解説はコトバンクが提供しています。

Bの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation