@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

C60【シーろくじゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

C60
シーろくじゅう
carbon 60
炭素原子 60個よりなる分子フラーレンの代表例となっている。石墨やダイヤモンドと同様炭素の同素体で構成原子は炭素のみであるが,その結合様式は異なり,サッカーボール状の形状 (切頭 20面体) をしている。そのためサッカーボール型分子とも呼ばれる。分子は直径約 7.1Åの中空分子。1970年に大沢映二教授によりその存在が理論的に予言され,1985年に R.F.カール,H.W.クロート,R.E.スモーリーによりヘリウム中でレーザー照射した黒鉛の生成物のなかにその存在が確認された。1990年,ドイツの W.クレッチマーが黒鉛を電極とし,低圧ヘリウムガス中の放電で得られるすすより C60を分離精製した。黒色粉末であるが,有機溶媒に溶け,ワインレッドの溶液となる。半導体や超伝導体の材料として,その可能性が注目されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

C60」の用語解説はコトバンクが提供しています。

C60の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation