@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

CAE【しーえーいー】

デジタル大辞泉

シー‐エー‐イー【CAE】[computer-aided engineering]
computer-aided engineering》コンピューターによって工業製品の設計・開発を支援するエンジニアリングシステム。コンピューターでシミュレーションすることで、従来必要であった試作実験などの工程を短縮できる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集

CAE
高度な科学技術計算を用いて、さまざまな製品モデル等のシミュレーションや解析を行うこと。 CADが製図作業を支援するものであるのに対し、CAEはCADで設計されたモデルの機能・性能をさまざまな角度からシミュレーションし、さらにその結果を目に見える形に変換するもの(可視化)。これにより、現実には観察が難しい現象のシミュレーションも行えるようになった。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

CAE
computeraided education
コンピューターを利用した教育。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CAE
computeraided engineering
コンピューター支援によるエンジニアリング。CAD による製品の性能を、コンピューターで検討し修正すること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

CAE
シーエーイー
製品の開発工程において,コンピュータが一貫して支援すること。 computer-aided engineeringの略。概念設計から詳細設計までを支援する CADと,製造を支援する CAM,動作確認試験を支援する CATを包含した考え方 (→CAD/CAM ) 。設計,試作,製品化という開発プロセスのなかでも主として試作段階でコンピュータによるシミュレーションを多用し,よりよい構造,精度を追求する。LANでつながれたパーソナル・コンピュータやエンジニアリング・ワークステーションを用いることで,作業は分散され効率よく構成される。 (→自動設計 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

CAE」の用語解説はコトバンクが提供しています。

CAEの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation