@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

CASE【けーす】

知恵蔵

CASE
Connected(コネクテッド)、Autonomous/Automated(自動化)、Shared/Services(カーシェアリングとサービス)、Electric(電動化)の頭文字をとった造語で、自動車の概念を大きく変える技術革新を示す。CASEは、ダイムラー社のディーター・ツェッチェ会長(当時)が、2016年のパリモーターショーで発表した中長期戦で提唱したのが始まりとされている。
CASEの「Connected」では、IoT(モノのインターネット)で自動車をインターネットにつなぎ、車両の状態や、周囲の道路状況などのデータを取得・分析することで、自動車の新たな価値を生み出す。トヨタでは、19年11月より、ワイパーの稼働状況データを実際の気象データと照らし合わせ、雨雲レーダーだけでは分からない降水状況を把握するための実証実験を行っている。
「Autonomous/Automated」は自動運転を指す。日本では、自動運転のレベルを0~5で定義しており、レベル3以上なら自動運転と呼べる。レベル3は、高速道路などの条件のもとで自動運転を行い、緊急時には人間が運転を行う「条件つき運転自動化」とも呼ばれるレベルで、トヨタ・日産では、レベル3の実現時期を2020年に設定している。
「Shared/Services」は、自動車の稼働状況を管理して、貸し借りや共有を行うこと、また、それらに関するサービスなどを指す。自動車を個人で所有することがなくなれば、自動車の維持費や駐車場の確保などといった経済的な負担も軽減される。
「Electric」は、電気自動車(EV)や、外部から充電できるプラグインハイブリッド(PHV)に代表される電動モーターで駆動する自動車のことで、自動車の電動化を指す。ヨーロッパ諸国の一部や中国では、ガソリンやディーゼルで駆動する自動車の新たな販売の禁止政策を進めている。
(横田一輝 ICTディレクター/2019年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

ケース【CASE】[computer-aided software engineering]
computer-aided software engineeringコンピューター支援ソフトウエア工学。コンピューターを利用して、ソフトウエアの設計や開発を効率よく行うことを目的とする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けーす【CASE】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

CASE」の用語解説はコトバンクが提供しています。

CASEの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation