@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

COPP【シーオーピーピー】

デジタル大辞泉

シー‐オー‐ピー‐ピー【COPP】[certified output protection protocol]
certified output protection protocol》米国マイクロソフト社が開発した著作権保護技術の一。DVD再生などのアプリケーションソフトと、画像表示のための半導体チップとの間でデジタルデータの暗号化を行うことにより、不正なデータの出力や読み取りを防止する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Wisdomビジネス用語辞典

COPP
マイクロソフトが開発したデジタル・コンテンツの著作権保護技術の1つ。GPUからディスプレイなどの外部へ出力する際にはIntel 945GなどでサポートされているHDCP(High-bandwidth Digital Content Protection)などの著作権保護技術がある。COPPはコンテンツ保護の制御を行うアプリケーションとGPUの間で著作権保護の仕組みをコントロールするための規格で、GPUのドライバとアプリケーション間で暗号鍵を交換する。また、鍵交換時にはGPUドライバの認証を行い、不正なドライバに映像を出力してしまうことを防ぐ。Windows XP Service Pack2とWindows Media Player 10以降でサポートされている。

出典:「ビジネス用語辞典」byWisdom(NEC)
「Wisdom」とは、NECが運営するビジネス情報サイトです。Copyright NEC Corporation All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

COPP」の用語解説はコトバンクが提供しています。

COPPの関連情報

関連キーワード

SurfaceiPad Proコラゲナーゼ440FXSurfaceGoogle Earth ProApple PencilプロテアーゼSurface合成・分泌

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation