@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

D型肝炎ウイルス【ディーガタカンエンウイルス】

デジタル大辞泉

ディーがたかんえん‐ウイルス【D型肝炎ウイルス】
D型肝炎の原因となる肝炎ウイルスRNAゲノムとするRNAウイルスで、血液体液を介して感染する。B型肝炎ウイルスが共存している場合にだけ増殖できる不完全ウイルスであるため、B型肝炎患者にしか感染しない。HDV(hepatitis D virus)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

D型肝炎ウイルス(肝炎ウイルス)
(4)D型肝炎ウイルス(hepatitis D virus:HDV)
1)形態と構造:
D型肝炎ウイルスはデルタ肝炎ウイルスともよばれ,Rizzettoらによりその抗原抗体系が発見された.HBVのヘルパー作用を必要とする不完全ウイルスであり,HDVはHBV感染者のみに感染が成立する.HDVは直径36 nmの球状粒子で,HBV粒子とともに存在する.この粒子はコアとエンベロープからなっており,コアはRNAゲノム(1.7 kbpの環状1本鎖RNA)とデルタ抗原を含み,エンベロープはpre-Sを含むHBs抗原からなる.HBVを外殻とし,コア部分にRNA ゲノムとデルタ抗原を包含する二重構造を示す.
2)感染様式:
HBV感染と同時,あるいはHBVキャリアに重感染する2つの感染経路があり,感染ルートは,HBVと同じく輸血,針刺し事故,性行為,母子間などが主体と考えられる.わが国ではHBVキャリアが欧米に比べ多いにもかかわらず,HDV感染は少ない.欧米においてはHBVとの同時感染あるいは重感染において肝炎の劇症化や重症化との関連が問題になっているが,わが国においては欧米のような重症例はまれである.
3)ワクチン:
HDVそのもののワクチンは存在しないが,HBワクチンでHBVの感染を防げば予防可能である.[溝上雅史]
■文献
Hollinger FB, Ticehurst J: Hepatitis A virus. In: Virology, 2nd ed(Fields DM ed),pp631-670, Raven Press, New York, 1990.
加藤宣之,土方誠也:ウイルス複製と遺伝子発現,C型肝炎ウイルス.蛋白質核酸酵素,37(10月増刊号):2626-2632, 1992.
岡本宏明,真弓 忠:肝炎ウイルスと肝炎の発症機序,B型.最新内科学大系 48,ウイルス肝炎—肝感染症(井村裕夫,尾形悦郎,他編),pp12-39,中山書店,東京,1991.

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

D型肝炎ウイルス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

D型肝炎ウイルスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation