@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

D型肝炎【ディーがたかんえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

D型肝炎
ディーがたかんえん
hepatitis D
D型肝炎ウイルスB型肝炎ウイルス重複感染したときに発症する肝炎D型肝炎ウイルスの存在は,1977年,B型肝炎ウイルスの保有者の肝組織内にこのウイルスとは別の抗原が見つかったことから明らかになった。当初,この抗原はデルタ抗原と名づけられたが,その後の研究で球状ウイルスであることが判明した。増殖するにはB型肝炎ウイルスの感染状態であることが必須で,B型肝炎の症状悪化の因子の一つである。抗体の検出率は地中海沿岸地方や中東,アマゾン流域などで高く,日本や台湾などは比較的低い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ディーがた‐かんえん【D型肝炎】
ウイルス性肝炎の一。D型肝炎ウイルスHDV)が血液や体液を介して感染することで起こる血清肝炎。HDVはHBVB型肝炎ウイルス)の存在下でのみ増殖するため、B型肝炎患者だけが感染する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

D型肝炎
でぃーがたかんえん
hepatitis D
D型肝炎ウイルス(HDV:hepatitis D virus)に感染して発症する肝炎。HDVはB型肝炎ウイルス(HBV:hepatitis B virus)に感染している状態でのみ感染し、欠損ウイルス(不完全ウイルス)であるHDVに単独で感染することはない。すなわちHBVと同時にHDVに感染するか、HBVに感染している状態で重感染(重複感染)するかのいずれかである。経口感染することはなく血液や体液を介して感染する。同時感染の場合はB型とD型の複数の肝炎が急性に発症するため重症化する傾向が強く、肝臓壊死(えし)が急激に広範囲に広がり、肝不全を起こす劇症肝炎に陥る確率も高くなる。重感染の場合は、急性に発症したB型肝炎が慢性肝炎に移行し、慢性化したB型肝炎に急性のD型肝炎が加わり肝炎の急性増悪が多くみられ、D型肝炎もともに慢性化していく場合もある。いずれも肝硬変から肝癌(がん)へと重症化していく可能性があり注意が必要である。ほとんどはB型肝炎が治癒するとともにD型肝炎ウイルスの増殖もとまり治癒に向かう。HDV抗体陽性率は地域差があり、地中海地方や北欧、中東、アフリカ北東部で高く、日本ではまれである。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

D型肝炎(急性ウイルス性肝炎)
(1)D型肝炎
概念
 わずか1700塩基長の単鎖環状RNAをゲノムとしてもつ直径36 nmの有エンベロープ性で球状のD型肝炎ウイルス(科名unassigned;属名Deltavirus;種名hepatitis delta virus:HDV)によって惹起される肝炎がD型肝炎である.HDVには8種類の遺伝子型(genotypes)が存在する.そのうちペルーなどの南米諸国に局在するHDV-3が最も病原性が高く,日本を含む東アジア地域に局在するHDV-4は最も弱毒で,それ以外の地域に広く分布する遺伝子型の病原性は両者の中間であるとされている.
病態
 本ウイルスは,同一細胞内にB型肝炎ウイルス(hepatitis B virus:HBV)が存在せねば自己複製しえない欠陥(サテライト)ウイルス(defective(satellite)virus)であるから,HDVの感染者は同時にHBVの感染者でもある.すなわち,D型肝炎にはHDVとHBVの両ウイルスが関与している.
感染経路
 直上に述べた理由によりHDVの感染経路はHBVのそれとまったく同一である【⇨9-2-1)】.
臨床症状
 HDV感染には2つの態様がある.すなわち,まったく未感染であった人がHDVとHBVに同時に初感染する場合(同時感染,coinfection)と,すでにHBVに単独感染していた人が新たにHDVに感染する場合(重感染,superinfection)とである.もしHDV感染を診断するための検査(HDV抗体あるいはRNAの検出)をまったく行わなければ,coinfectionの見かけ上の病像は「急性B型肝炎」,一方superinfectionの方は「慢性B型肝炎の急性増悪」にしかみえない.
治療・予防
 HBVの同時存在なしにHDVの自己複製は起こらないため,B型肝炎に対する抗ウイルス療法は同時にD型肝炎に対する抗ウイルス療法となる.なぜなら「Bを消せばDも消える」からである.予防に関しても同様である.HDV粒子の表面を覆っている蛋白はHBVのそれ(HBsAg)の借り物であるから,B型肝炎ワクチンで誘導される抗体はHDV粒子にも結合する.結局D型肝炎はB型肝炎の「部分症」であるとする考え方が,現実的には有効であるといえる.[三代俊治]

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

六訂版 家庭医学大全科

D型肝炎
ディーがたかんえん
Hepatitis D
(感染症)

どんな感染症か

 D型肝炎ウイルス(HDV)の感染によって発症します。HDVの構造は、表面がHBs抗原でおおわれ、中心部にデルタ抗原があり、そのなかにRNA遺伝子をもっています。このことからもわかるように、B型肝炎ウイルス(HBV)と仲のよいウイルスです。

 感染源は、B型肝炎患者あるいはキャリア(持続感染者)の血液で、このなかにHDVがひそんでいます。

 HDVの感染のしかたには2種類あります。健康な人に、初めてHBVと同時に感染する場合と、もともとB型肝炎になっている人に重複感染する場合です。D型肝炎は重症化することがあるので注意が必要です。

 日本ではD型肝炎はまれですが、外国では覚醒剤(かくせいざい)を静脈に打つ常用者に多いといわれています。今後国際化が進むと、日本にも感染拡大がみられることが心配されます。

治療の方法

 感染予防は、B型肝炎の予防と同じです。HBs抗体含有ガンマグロブリンやHBワクチンが有用です。

病気に気づいたらどうする

 D型肝炎は、B型肝炎にしては状況が違うという時に初めて気がつくことが多く、疑って検査をしないと診断ができません。専門医への受診をすすめます。

出典:法研「六訂版 家庭医学大全科」
(C) HOUKEN CORP. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

D型肝炎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

D型肝炎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation