@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【でぃー】

世界大百科事典 第2版

でぃー【D】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

D
でぃー

英語アルファベットの第4字。戸を意味する古代エジプトの象形文字を起源とし、セム文字dalethおよびギリシア文字デルタ(Δ)を経由して、ラテン文字において現在の字体となった。小文字dはギリシア文字デルタ(δ)に対応し、ラテン文字の筆記体およびアンシャル体から生まれた。化学では重水素(ジュウテリウム)の元素を表し、物理では密度あるいは直径を、音楽では2音(ドレミ唱法のレ)を表し、D.C.はダ・カーポ(初めから)、D.S.はダル・セーニョ(その記号から)を表す。中世ローマ数字では500を示す。イギリスの貨幣単位ペニーは、ラテン語のdenarius(古代ローマの銀貨で、『新約聖書』にはpennyと記されている)からd.と略される。また、デシの略として、単位名の前について、10分の1であることを表す(dと記す)。英語では、'dは口語でhadまたはwouldの省略形(You'd better=You had betterまたYou'd like to=You would like toなど)であり、フランス語ではd'はdeの省略形で、次に母音で始まる単語がくるときに用いられる。

[斎藤公一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

D
ディー

[別用語参照]DL表示法

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

Dの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation