@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

DEMOS【でもす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

DEMOS
でもす
Denden Multi-access Online Systemの略。日本電信電話会社がサービスしていたデータ通信計算システムの通称。汎用(はんよう)の大規模タイムシェアリングシステムで、経営科学計算としてのシミュレーション、技術計算としての建築、土木、機械の設計計算などに適した。利用者はキーボード、紙テープリーダーによりデータをセンターに送信し、センターからの計算結果はプリンターで受信する方式で、即時処理と一括処理が可能であった。
 1971年(昭和46)3月、日本初の商用タイムシェアリングシステムとしてサービスが開始され、東京、大阪、福岡にセンターを設置。ほかにサブセンターによってサービス地域が地方都市へも拡大され、1986年当時で全国65都市、約5000のユーザーに利用された。業種別では、通信、出版、サービス業が半数近くを占め、製造、建設業をあわせると8割を超えた。1995年(平成7)サービスを終了。[坪井 了]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DEMOS」の用語解説はコトバンクが提供しています。

DEMOSの関連情報

関連キーワード

アクセス権au携帯電話HSDPAX線CT・MRIForeign File AccessMFADTMFDVDマルチドライブマルチスライスCT

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation