@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

DHEAT【でぃーひーと】

日本大百科全書(ニッポニカ)

DHEAT
でぃーひーと
大規模な災害などが発生した場合、迅速に被災地に入り、被災者の飲料水や食料、生活環境の衛生状態、感染症の発生などといった現状を速やかに把握し、被災地で必要とされる人的、物的な支援や供給体制を確保する公衆衛生チーム。厚生労働省に研究班が設けられ、災害派遣医療チーム(DMAT)の公衆衛生版として創設が準備されている。名称(仮称)は災害時健康危機管理支援チーム。DHEATはDisaster Health Emergency Assistance Teamの略である。DHEATは保健所職員、公衆衛生医師、保健師、管理栄養士、衛生課職員などで構成され、おもな役割としては、(1)避難所における被災者の要望の把握、(2)被災地の妊産婦、乳幼児、要介護者の把握と対応、(3)避難所の衛生管理状態の把握と評価、(4)感染症発生などについてのサーベイランス、(5)被災地の廃棄物、汚水、水道などの状況把握と評価、などが考えられている。DPAT(災害派遣精神医療チーム)と同様の運営方法が模索されており、構成員は都道府県に事前登録し、厚生労働省の管轄下で構成員の全国的な研修制度、チームの派遣システムの構築を行う方向で検討されている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ディー‐ヒート【DHEAT】[Disaster Health Emergency Assistance Team]
Disaster Health Emergency Assistance Team》⇒災害時健康危機管理支援チーム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DHEAT」の用語解説はコトバンクが提供しています。

DHEATの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation