@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

DMAT【でぃーまっと】

知恵蔵mini

DMAT
災害派遣医療チームのこと。「Disaster Medical Assistance Team」の頭文字をとってDMAT(ディーマット)と呼ばれる。医師看護師、医師・看護師以外の医療職及び事務職員で構成される。大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、おおむね48時間以内に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームである。日本では、「日本DMAT」の名称で厚生労働省の認めた専門的な研修・訓練を受けた災害派遣医療チームが、この活動を行っている。同チームの活動は、通常時に都道府県と医療機関等との間で締結された協定及び厚生労働省、文部科学省、都道府県、独立行政法人国立病院機構等により策定された防災計画等に基づいている。同チームの機能や任務は、1被災地域内での医療情報収集と伝達、2被災地域内でのトリアージ(非常事態に陥った状況で、最善の結果を得るために、対象者の優先度を決定して選別を行うこと)・応急治療・搬送、3被災地内の医療機関、特に災害拠点病院の支援・強化、広域搬送拠点医療施設における医療支援、4広域航空搬送におけるヘリコプターや固定翼機への登場医療チーム、5災害現場でのメディカルコントロールなど。2014年8月20日に発生した広島市の土砂災害においても、同チームは要請を受けて、広島県内の13の病院から現場に派遣された。
(2014-8-26)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

DMAT
大地震などの大規模災害や、多数負傷者が出た事故などが発生した際、急性期(おおむね48時間以内)から活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チーム。医師、看護師、業務調整員で構成され、都道府県などの要請を受けて活動する。名称は「Disaster Medical Assistance Team」(災害派遣医療チーム)の頭文字から。「ディーマット」と読む。
(2020-06-21 朝日新聞 朝刊 横浜・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

ディー‐エム‐エー‐ティー【DMAT】[Disaster Medical Assistance Team]
Disaster Medical Assistance Team》⇒災害派遣医療チーム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディー‐マット【DMAT】[Disaster Medical Assistance Team]
Disaster Medical Assistance Team》⇒災害派遣医療チーム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

DMAT
Disaster Medical Assistance Team
災害医療支援チーム。大規模な自然災害やテロなどが発生した際、直ちに被災地に赴いてトリアージや応急処置などの医療活動を行う。専門の教育・訓練を受けた医療関係者で編成される。 → トリアージ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

DMAT
でぃーまっと
災害急性期(おおむね発災後48時間以内)に活動できる機動性をもつ、専門的な訓練を受けた災害派遣医療チーム。英語表記Disaster Medical Assistance Teamの頭文字をとってDMATとよばれる。被災地での広域医療搬送、病院支援、域内搬送、現場活動などをおもな活動とする。
 従来、医療救護班は避難所の仮設診療所などでの医療活動を行ってきたが、救命医療としては十分ではなかった。災害急性期に専門的な訓練を受けた医療チームが災害現場に出向き、現場での緊急治療や病院支援などを行うことができれば、死亡や後遺症の減少につながると考えられることから、こうした活動を担うために厚生労働省が発足させたのが日本DMATである。日本DMATの養成は、2005年(平成17)から災害医療センター等の「日本DMAT隊員養成研修」で実施されており、この研修を修了し厚生労働省に登録された者(医師、看護師等)がDMAT登録者となる。DMATの活動は、被災地の都道府県が他の都道府県、厚生労働省等にDMATの派遣の要請することにより行われる。都道府県は厚生労働省と連携し、管内のDMAT指定医療機関等へDMATの派遣を要請、DMAT指定医療機関は、その機関に所属しているDMAT登録者に派遣を要請し、派遣されたDMATが医療活動を行うこととなっている。なお、東京都が設置する東京DMAT(2004年発足)など、自治体等が設置するDMATもある。[編集部]
『石原晋・益子邦洋監修、大友康裕編『多数傷病者対応』(2007・永井書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

DMAT
disaster medical assistance teams,災害時医療支援チーム

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

DMAT」の用語解説はコトバンクが提供しています。

DMATの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation