@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

DTP【ディー ティー ピー】

パソコンで困ったときに開く本

DTP
「デスクトップ・パブリッシング」の略称で、「卓上出版」を意味します。パソコンとレイアウト用の専用ソフト、そして高画質のプリンタを使って、それまでなら高価な印刷機を必要とした本格的な印刷物を、手軽に作れるようになりました。

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

ディー‐ティー‐ピー【DTP】[desktop publishing]
desktop publishing》⇒デスクトップパブリッシング

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ディー‐ティー‐ピー【DTP】[diphtheria, tetanus and pertussis vaccine]
diphtheria, tetanus and pertussis vaccine》⇒ディー‐ピー‐ティー(DPT)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ディーティーピー【DTP】
パソコンで文書作成からデザイン・レイアウト・版下作成などの一連の作業を行い、印刷物を作成すること。◇「desktop publishing」から。「デスクトップパブリッシング」「机上出版」「卓上出版」ともいう。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

DTP
desktop publishing
コンピューターを用いて、原稿の作成、レイアウト、版下作成など、出版のための一連の作業を行うこと。デスクトップパブリッシング。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

DTP
ディーティーピー
パーソナル・コンピュータを使って本を作成すること。デスクトップバブリッシング desktop publishingの略で,低コストで使いやすいことが利点。パソコン上で原稿(文字原稿,写真,図版・イラスト原稿を含む)の編集レイアウトから,組版(→コンピュータ組版),レーザープリンタなどによる印刷までを行なう。高解像度プリンタやイメージスキャナなどの周辺機器,画像処理を行なうソフトウェアやレイアウト用のアプリケーションなどの技術の進歩により印字品質も向上し,より複雑な作業を手軽に実現できるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

DTP
でぃーてぃーぴー
机上型の電子編集システム。デスクトップ・パブリッシングdesktop publishingの略称。デスク上で原稿作成から編集、レイアウト、製版、コピーが行えるパソコン・システムまたは小型ワークステーションをいう。一般の印刷物と同程度の仕上がりのものができる。レイアウトされた紙面は、印刷出力するか電子メディアに記録する。従来、出版社と印刷所で行っていた作業が、個人またはオフィスレベルで行えるため、利用価値は大きい。文章、図表はキーボードなどで入力し、写真、絵などもコンピュータに取り込んで拡大または縮小しながら好きな位置にレイアウトできる。文字の字体や図表の形式も豊富で、大きさなどは自由に選べる。印刷出力は、少量の場合はレーザープリンターなどで行うが、大量の場合は製版装置で製版し、本格的な印刷装置を用いる。記事入力から紙面の作成までが容易であるため、一般の印刷物のほかに、学会などの刊行物や新聞紙面製作などに積極的に利用されている。また、DTPソフトウェアとは、紙面上の処理精度を高め、高品質のレイアウトを可能にし、高精度のプリンターを制御するためのページ記述言語(PDL:Page Discription Languageの略。アドビシステムズ社のPostScript(ポストスクリプト)が主流)を組み込んだものをいい、InDesign(インデザイン)やQuarkXPress(クォークエクスプレス)などがある。
 DTPは、1984年に登場したアメリカのアップル・コンピュータ社(現、アップル社)製のパソコンであるマッキントッシュが、画期的なウィンドウやアイコンでデザイナーや編集者の支持を得たのをきっかけとし、翌1985年、マッキントッシュのプラットフォーム(システムの基本となる環境)上で動作するアルダス社(現、アドビシステムズ社)のDTPソフトウェアであるPageMaker(ページメーカー)と、アドビシステムズ社のPDLが開発され、アルダス社の創業者ポール・ブレナードPaul Brainerd(1947― )が提唱したことにより広まった。1986年(昭和61)に日本語対応のマッキントッシュが上陸するとともに、日本でも印刷業者に普及することになった。[岩田倫典]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ディー‐ティー‐ピー【DTP】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

DTP」の用語解説はコトバンクが提供しています。

DTPの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation