@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

E3

朝日新聞掲載「キーワード」

E3
「エレクトロニック・エンターテインメント・エキスポ」の略称で、1995年に始まった。もともとゲーム業界関係者の商談の場だったが、昨年からは一般のゲームファンにも公開されている。
(2018-06-14 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

イー‐スリー【E3】[Electronic Entertainment Expo]
Electronic Entertainment Expo》米国で毎年開催される、コンピューターゲームゲームソフトエデュテインメントに関する世界最大規模の見本市。ゲームズコム東京ゲームショウとともに、世界三大ゲームショーの一。第1回は1995年で、米国の業界団体、エンターテインメントソフトウエア協会が主催。正称はエレクトロニックエンターテインメントエキスポ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

E3
いーすりー
アメリカ合衆国のロサンゼルスで毎年開かれる世界最大規模のコンピュータ・ゲーム関連の展示会。正式名称はElectronic Entertainment Expoで、Eで始まる3語にちなんでE3とよばれる。日本の東京ゲームショウ、ドイツのゲームズコムGamescomと並んで世界三大ゲーム見本市の一つである。年末商戦をにらんだ新作ゲーム機やソフトの発表・商談の場であり、2006年に家庭用ゲーム機「Wii(ウィー)」、2016年にスマートフォン用ゲームソフト「ポケモンGO」が発表されるなど、世界のゲーム娯楽市場の最新動向を知る場として注目度が高い。
 初開催は1995年で、毎年5、6月ごろに開かれる。アメリカのゲーム会社などが加盟する団体「Entertainment Software Association:ESA」が主催する。会場はロサンゼルス・コンベンションセンターで、1997年と1998年のみジョージア・ワールド・コングレス・センター(ジョージア州アトランタ)で開かれた。入場は有料。当初、入場者はゲームメーカーや販売店などビジネス関係者に限定されていたが、インターネットの普及でソフトをネットから直接ダウンロードする消費者が増えたこともあり、2016年から一般消費者向けイベントを開催。2017年からは一般の入場も可能になった。テレビゲーム、パソコン向けゲーム、スマートフォン用のモバイルゲームやソーシャルゲームなどについて、最新ゲーム機やゲームソフトが展示され、来場者は実際にゲームを楽しむことができる。2016年のE3には内外の250を超える企業が約1600点のゲーム機やゲームソフトなどを展示した。入場者数は約7万人(2016)。[矢野 武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

E3」の用語解説はコトバンクが提供しています。

E3の関連情報

他サービスで検索

「E3」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation