@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

EAEC【イーエーイーシー】

デジタル大辞泉

イー‐エー‐イー‐シー【EAEC】[East Asia Economic Caucus]
East Asia Economic Caucus》東アジア経済協議体。1990年マレーシアのマハティール首相が提唱したが、実現にはいたっていない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イー‐エー‐イー‐シー【EAEC】[European Atomic Energy Community]
European Atomic Energy Community》⇒ユーラトム(EURATOM)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

EAEC
いーえーいーしー
East Asia Economic Caucus

東アジア経済協議体。マレーシアのマハティール首相が1990年12月に提案した貿易ブロック構想。EU(欧州連合)市場統合やNAFTA(北米自由貿易協定)など地域主義の動きに対抗してASEAN(東南アジア諸国連合)、日本、韓国、中国など東アジア地域諸国も団結すべきだとの発想から生まれた。当初、EAEG(G=Group)として提案されたものを、91年10月のASEAN経済閣僚会議で協議体(Caucus)に名称変更した。アメリカなどが「アジアのブロック化」だとして強く批判、具体化は進んでいない。しかし、95年11月のAPEC(アジア太平洋経済協力)大阪会議の際にはEAEC想定メンバーのASEAN6か国(当時)と日本、韓国、中国の貿易担当相が会合、97年からはASEAN加盟国首脳に日本、中国、韓国の首脳が加わった「ASEANプラス3」首脳会議が始まり、事実上、EAECの枠組みでの話し合いが行われている。

[大井 誠]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

EAEC」の用語解説はコトバンクが提供しています。

EAECの関連情報

関連キーワード

東アジア経済会議マハティール構想ESCAP東亜銀行エマーソンESCWA世界経済見通しエコアジアケニア中東

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation