@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

G値【ジーチ】

化学辞典 第2版

G
ジーチ
G value

放射線がある反応系に作用するとき,その反応系に吸収された放射線エネルギー100 eV ごとに反応(生成,あるいは減少)した分子数をいい,放射線による化学反応の収量を表すために放射線化学でもっとも広く使われている.安定な分子について用いられるのみでなく,不安定な各種の反応中間体,さらに個々の反応過程に対しても同様に用いられる.イオン対収量M/Nとの関係はW値を用いて,

のように表すことができる.なお,G値の単位は自明であるから,普通,省略される.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

G値」の用語解説はコトバンクが提供しています。

G値の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation