@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

H.264【エイチ ドット ニイロクヨン】

知恵蔵

H.264
動画圧縮形式の一つ。ワンセグ放送からBlu-ray Discまで、様々な画質の記録に使われており、MPEG-2を引き継ぎ、今後の主力記録形式になると見られている。
 2003年にITU-T(国際電気通信連合 電気通信標準化部門)にて規格化が行われており、現在はISO規格ともなっている。ITU-Tをはじめとする通信の世界では「H.264」、ISOを中心とした、家電の分野では「MPEG-4/AVC」と呼ばれるが、中身は同じものである。
 特徴は、MPEG-2に比べ、より小さなデータ量で同じ画質の映像を実現できること。場合によって変わるが、MPEG-2に比べ、平均して2倍程度の効率を実現していると言われる。ただしその代わり、圧縮時・展開時により高い処理能力が必要となる。
 また、様々なオプション規格をもっており、携帯機器/PCなどで使われるものと、ハイビジョン記録に使われるものでは、記録方式の細部が異なる場合が多い。 元々は携帯電話などでの利用を想定した規格であったが、Blu-ray Discでの採用を前提に、松下電器産業が、ハイビジョン向けに高画質化した「ハイプロファイル」を開発、高画質でのハイビジョン記録に対応した、という経緯がある。現在は、携帯機器向けに「ベースラインプロファイル」が、家電機器では「メインプロファイル」と「ハイプロファイル」が利用されることが多い。
(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

IT用語がわかる辞典

エイチにろくよん【H.264】
動画データの圧縮方式のひとつ。圧縮の効率が高く、かつ低画質から高画質まで幅広い用途の動画に対応する。携帯電話向けのワンセグ、携帯型ゲーム機やデジタルオーディオプレーヤーの動画、HDTV相当のBlu-ray Disc(ブルーレイディスク)、デジタルビデオカメラのAVCHDなどで採用されている。◇ISO(イソ)の動画圧縮標準「MPEG-4」の一部として規定されているため、「H.264/MPEG-4 AVC」または「MPEG-4 AVC/H.264」と併記することが多い。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

H.264
えいちにろくよん

動画データを圧縮する規格の一つ。ITU(国際電気通信連合)によって勧告され、さらにISOによってMPEG4の一部であるMPEG-4 Part10 Advance Video Codingとしても採用された。そのため、「H.264/MPEG-4 AVC」「H.264/AVC」などと表記することもある。

 H.264は、少ない量の動画データから高画質の映像を提供できるビデオコーディング技術で、MPEG-2と比較しても2倍以上の圧縮効率を実現する。そのため、インターネットでの活用はもちろんのこと、モバイル環境向けの低画質画像転送、ビデオ会議、ハイビジョン、DVD、Blu-ray Diskなど幅広い利用が進められている。

 すでに携帯電話向けのワンセグ、アップル社のiPodやQuick Time、ソニー・コンピュータエンタテインメント社のPSP、アドビシステムズ社のFlash Playerなどに採用されている。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

H.264」の用語解説はコトバンクが提供しています。

H.264の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation