@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

HSDPA【えいちえすでぃーぴーえー】

知恵蔵

HSDPA
第3世代携帯電話「W‐CDMA」の拡張規格従来、最大2Mbps(メガビット毎秒)(静止時)であった通信速度を、下り最大14.4Mbpsにまで拡大、より快適な通信ができるようにしたもの。音楽ダウンロード配信を始めとした、大容量データ通信ニーズの高まりに対応するためのものだが、単にダウンロード速度が高速になるだけでなく、移動中の転送効率が上がり、通信品質の安定も見込める。ただし、上記の通信速度は規格上の最大速度であり、どれだけの速度で通信を行うかは、各事業者の判断に任されている。端末やサービス形態によっては、使える機能などに制限をかける場合もある。NTTドコモソフトバンクモバイルの場合、最大3.6Mbps(以前は384Kbps)だが、イー・モバイルでは最大7.2Mbpsでサービスを行っている。なお、HSDPA対応端末を使っても、対応基地局のエリア外では、既存のサービスと同じ速度になる。また、基地局のエリア内で複数の端末が使われた場合、実効通信速度は落ちる可能性が高い。
(西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2008年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

エッチ‐エス‐ディー‐ピー‐エー【HSDPA】[high-speed downlink packet access]
high-speed downlink packet access第三世代携帯電話の通信方式を改良した高速データ通信の規格の一。第三・五世代移動通信システムに位置づけられる。下り方向の最大通信速度は約14Mbps。上り方向の高速データ通信規格HSUPAと合わせてHSPAとよばれる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

エイチエスディーピーエー【HSDPA】
第3世代携帯電話の通信方式のひとつであるW-CDMAを拡張した高速データ通信規格。基地局から通信端末への下り方向の規格で、最大通信速度は14.4Mbps。上り方向の高速化を担うHSUPAと合わせてHSPAと総称される。◇「high speed downlink packet access」の頭文字から。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

HSDPA
えいちえすでぃーぴーえー

High Speed Downlink Packet Accessの略語。携帯電話のデータ通信の規格の一つであるHSPA(High Speed Packet Access)で、「下り(受信側)」の高速化を実現した技術。「上り(送信側)」はHSUPA(High Speed Uplink Packet Access)あるいはEUL(Enhanced Uplink)とよばれる技術が使われている。第3世代携帯の通信方式であるW-CDMA(Wideband-code Division Multiple Access)を機能拡張し高速化したため、第3世代(3G)をバージョンアップしたということで3.5Gとよばれることもある。

 HSPDAでは、電波の状態に応じて振り分けや情報量の調整を自動的に行うことで高速化している。理論値として「下り」最大、毎秒14.4メガバイトの通信速度。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

HSDPA」の用語解説はコトバンクが提供しています。

HSDPAの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation