@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

Henoch-Schölein 症候群

内科学 第10版

Henoch-Schölein 症候群(血液疾患)
(4)Henoch-Schönlein紫斑病
 Henoch-Schönlein紫斑病の70〜80%に消化器症状が出現し,その病変部位は十二指腸小腸が最も多く,ついで大腸と続き,食道はまれである.上腹部痛で発症し内視鏡検査では特に十二指腸で,発赤,びらん,粘膜浮腫,潰瘍,紫斑様病変など多彩な所見を呈する(図8-11-3).内視鏡下消化管生検で血管炎を証明できることは少なく皮膚生検で確診となることが多い.[安藤貴文・後藤秀実]

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

Henoch-Schölein 症候群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

Henoch-Schölein 症候群の関連情報

関連キーワード

紫斑病性腎炎Henoch-Schönlein紫斑病紫斑出血傾向腹痛(急性腹症)好酸球性胃腸炎・消化管アレルギー蛋白漏出性胃腸症血管炎症候群IgA腎症Goodpasture症候群

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation