@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

IBM互換機【あいびーえむごかんき】

日本大百科全書(ニッポニカ)

IBM互換機
あいびーえむごかんき

アメリカのIBM社製のコンピュータと同等の仕様をもつ他社製のコンピュータのこと。かつては大型機についていわれたが、現在ではパーソナルコンピュータ(パソコン)についていわれることが多い。IBMはApple Ⅱなどによるパソコン市場の拡大に刺激され、1981年に一般ユーザ向けのパソコンとしては同社では最初のIBM PCを発売したが、周辺機器や応用ソフトウェアの開発を他社(サードパーティとよばれる)にも任せる方針をとり、ハードウェアとオペレーティングシステムの仕様の大半を公開した。その結果、IBM社以外からIBM PCと同等の仕様をもつパソコンの開発、発売を促すことになり、IBM社製のパソコン用に開発されたプログラム、とくにマイクロソフト社のMS-DOS、そしてその上で動く各種の応用ソフトウェア、さらに各種の周辺機器をそのまま利用できる(すなわち「互換」)パソコンが多数出現することになった。各社間での競争が激しいため、低価格化が急速に進み、また市場のシェアも急速に拡大した。アメリカでは、本来はパーソナルコンピュータの略称であるPCといえば、IBMのパソコンないしその互換機(AT互換機、ATはAdvanced Technologyの略)のことをいう。現在では、これらの機種にはウィンドウズが前もって搭載されることが多いため、ウィンドウズマシンともよばれ、全世界のパソコン市場の9割以上を占めるに至っている。

[田村浩一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IBM互換機」の用語解説はコトバンクが提供しています。

IBM互換機の関連情報

関連キーワード

コンピュータ史(年表)IBMマーティン イェッター日本コンピュータ史(年表)サミュエル パルミサーノ椎名武雄マイクロソフト北城恪太郎SLCシリーズIBM DOS/V Extension

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation