@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

IHI(株)【あいえいちあい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

IHI(株)
あいえいちあい
日本有数の総合重工業会社。2007年(平成19)に石川島播磨重工業から現社名に変更した。石川島播磨重工業は1960年(昭和35)石川島重工業と播磨造船所が合併して発足。起源は、幕末の1853年(嘉永6)水戸藩が江戸・隅田(すみだ)川河口の石川島に開設した洋式造船所にさかのぼる。明治維新で官営となったが、1876年(明治9)平野富二(とみじ)の個人経営となり、日本初の民営造船所として新発足し、1889年に有限責任石川島造船所となった。同社はその後の発展過程で各種陸上機械部門に積極的に進出し、第二次世界大戦前にはその多角化した事業から、石川島飛行機製作所、石川島自動車製作所(現いすゞ自動車)などが分離、独立していった。播磨造船所は1907年(明治40)に阪神地方の有力者の共同出資で設立され、1916年(大正5)鈴木商店に買収された。その後一時期、神戸製鋼所に併合されたが、1929年(昭和4)にふたたび独立するという経過をたどった。
 両社の合併は、機械部門に傾斜した石川島重工業と、造船部門に傾斜した播磨造船所の相互補完をねらったものである。合併後の石川島播磨は総合重工業企業としての地位を確立し、愛知県知多半島に100万トン級ドックを建設したほか、ブラジル、シンガポールの合弁造船所をはじめ、海外事業も活発に展開した。近年は航空・宇宙・防衛産業分野で強みを発揮しており、航空機用ジェットエンジンでは日本でもトップの座を占めている。資本金957億円(2008)、売上高1兆2210億円(2007)。[中村青志]
『石川島播磨重工業株式会社編・刊『石川島播磨重工業社史』全2巻(1992)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IHI(株)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

IHI(株)の関連情報

関連キーワード

登録記念物アゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧

他サービスで検索

「IHI(株)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation