@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

IMFクォータ【アイエムエフクォータ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

IMFクォータ
アイエムエフクォータ
IMF quota
国際通貨基金 IMFに対する加盟国の出資割当額のこと。加盟各国国民所得外貨準備高,外国貿易額などを基準にして設定されており,少くとも5年に1回は見直される。各国はこのクォータに従い,IMFに対して原則としてその 25%を金またはSDR,75%を自国通貨で払込まなければならない。この額により加盟国の投票権,IMF資金の利用限度,SDRの配分が決定される。日本の出資比率は 1992年 11月の第9次増資後,それまでの第5位から,アメリカ (18.3%) に次いでドイツと並ぶ第2位 (5.7%) となった。 98年現在,出資比率 6.3%で第2位。ドイツは第3位。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IMFクォータ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

IMFクォータの関連情報

関連キーワード

IMF債国際通貨基金IMFIMF融資制度外国為替相場制度国際通貨問題全日本金属産業労働組合協議会ヨーロッパ連合SDRIMF暫定委員会

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation