@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

Java EE【じゃばいーいー】

日本大百科全書(ニッポニカ)

Java EE
じゃばいーいー

サン・マイクロシステムズ社が開発したオブジェクト指向プログラミング言語「Java2」をコアとした、大規模サーバー構築用の開発・実行環境(プラットホーム)の総称。Java Enterprise Editionの略。

 企業の業務システムや電子商取引などで使われるサーバーには、さまざまな機能が必要になる。Java EEはそうした規模のシステム構築に必要な機能をまとめたものといえる。たとえばアプリケーションを開発するためのアプリケーション・プログラミングインターフェース(API)セット「Platform Specification」、プログラムを部品化した実行環境「Enterprise JavaBeans」、テスト環境「Blue Prints」、ウェブページにJavaプログラムを埋め込み動的な内容生成を可能にする「Java Server Pages」(JSP)、サーバー上でさまざまなソフトウェアを組み立てるためのXML対応APIなどが含まれる。

 以前はJ2EE(Java2 Platform, Enterprise Edition)とよばれたが、Javaの大幅なバージョンアップを機に「Java EE」とよばれるようになった。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

Java EE」の用語解説はコトバンクが提供しています。

Java EEの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation