@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

KDD【ケーディーディー】

デジタル大辞泉

ケー‐ディー‐ディー【KDD】[Kokusai Denshin Denwa]
Kokusai Denshin Denwa》⇒国際電信電話株式会社

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けーでぃーでぃー【KDD】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

KDD
けーでぃーでぃー
日本の通信会社。第二次世界大戦後、国際通信の民営化を図ることになり1953年(昭和28)国際電信電話株式会社として設立された。1955年には、従来各地に分散していた電報・電話の中央局を集中する総合局(国際通信センター)を建設し、翌年国際テレックスを開始。1964年にはアメリカの通信会社AT&Tと協力して太平洋横断ケーブルを開通させ、67年から衛星通信を開始するなど、広帯域通信網を建設して電報・電話の自動化、即時化を進める一方、国際ファクシミリ電報業務(1972)など新サービスも追加した。1974年には32階建てのKDDビル(東京都新宿区)を完成し、以降、国際ダイヤル通話、国際テレックス電子交換システムを実現したほか、デジタル衛星通信技術、海事衛星通信技術など通信技術の多様化を図ってきた。1998年(平成10)7月から国内電話サービスを開始し国際通信専門会社から脱皮、同年12月には日本高速通信(テレウェイ)と合併、社名を国際電信電話からKDDに変更した。さらに2000年4月、第二電電DDI)と携帯電話会社の日本移動通信(IDO(イドー))との合併に正式調印した。2000年10月に正式発足した新会社はDDIを存続企業とし、新社名はディーディーアイとしていたが01年4月ケイディーディーアイと、さらに02年11月にはKDDIと改称した。合併後の連結売上高は3兆円を超え、日本電信電話(NTT)に次ぐ規模の巨大通信会社が誕生した。合併前、1999年時点のKDDの資本金は405億円。[中村清司]
『KDD社史編纂委員会編纂『KDD社史』(2001・KDDIクリエイティブ)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

KDD
ケーディーディー
ケイディディ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

KDD」の用語解説はコトバンクが提供しています。

KDDの関連情報

関連キーワード

国際計測器国際航業ホールディングス国際チャート日立国際電気コクサイエアロマリン国際興業国際紙パルプ商事臼井国際産業

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation