@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

KJ法【けーじぇーほう】

デジタル大辞泉

ケージェー‐ほう〔‐ハフ〕【KJ法】
KJ method》文化人類学者の川喜田二郎が考案した発想法。ブレーンストーミングなどで思いついたことや調査で得られた情報などをカードに記すことから始め、類似のカードについてグループ分けとタイトルづけを行い、グループ間の論理的な関連性を見いだし、発想や意見や情報の集約化・統合化を行う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

人材マネジメント用語集

KJ法
・川喜田二郎氏(東京工業大学名誉教授)が開発した手法でイニシャルを取ってこう呼ばれる。
・一見関連性の低い多くの断片的な情報を統合して、アイディアを生み出したり、問題の解決糸口を探り出すための手法。
・多くの雑多な情報を、関連性の高い単位でグループ化し分類・統合を進めることで、グループを意味を持つ単位に集約させることができ、そこからアイディア、解決の糸口を得ることができる。

出典:(株)アクティブアンドカンパニー

ナビゲート ビジネス基本用語集

KJ法
文化人類学者の川喜田二朗氏が開発した問題解決の技法で、開発者のイニシャルをとってKJ法と名付けられている。混沌とした情報を秩序立て、統合することにより、新たな発想や根本的な問題を得るというもの。 おおむね以下のような手順が踏まれる。 ・さまざまなアイデアを一行見出しにしてカードに書きだす。 ・それらのカードの関連性の深いものをグルーピングし、グループの内容を適切に表現する見出しを付ける。 ・こうした作業を何度か繰り返して大グループを編成する。 ・全体の構造を図解化し、最後に文章化していく。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

KJ法
ケージェーほう
文化人類学者の川喜田二郎の考案した創造性開発技法の一つで,考案者の頭文字をとって名づけられたもの。紙切れ法ともいう。ブレーンストーミングなどで出された意見やアイデアを1つずつ紙片に書き,それらをばらばらにして広げ,虚心に眺めながらアイデアやヒントを発想させていく方法である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

KJ法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

KJ法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation