@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

LPG自動車【エルピージーじどうしゃ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

LPG自動車
えるぴーじーじどうしゃ
LPG powered automobile

液化石油ガス(liquefied petroleum gas)を燃料として走る自動車。液化石油ガスは、LPガス(LPG)やプロパンガスともよばれ、家庭用ガスとして広く普及している。自動車用として供給されているオートガスはブタンが8割にプロパンが2割の混合ガスで、オクタン価は高く、ハイオクタン・ガソリン程度である。また、通常の燃料タンクのかわりにガスボンベを搭載している。エンジンは基本的にガソリン用と同一で、シリンダー内の混合気に点火プラグで着火するオットーサイクル機関だが、LPGを減圧、気化する専用の装置を備えている。近年では電子制御式LPG液体噴射方式が採用されるようになり、燃焼効率が向上している。

 LPGとガソリンを比較すると、重量当りの発熱量はLPGが勝るが、体積当りのエネルギー密度が低いため、同一のガソリンエンジンと比較して出力の低下が避けられない。しかし、燃料代が安いことから、日本では主としてタクシーや小型トラックに用いられており、タクシーでは90%以上がLPG車である。

 液化石油ガスは石油のほか、天然ガスからも生成されるため、省資源になるとして自動車への使用も増え、海外では一般のユーザーにも普及している。LPG車はCO2排出量が少なく、低騒音、低振動で経済性にも優れているが、日本ではLPGスタンドの整備が遅れ、一般用LPG車の普及は進んでいない。

[伊東和彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

エルピージー‐じどうしゃ【LPG自動車】
LPG車

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

LPG自動車」の用語解説はコトバンクが提供しています。

LPG自動車の関連情報

関連キーワード

液化ガス運搬船石油産業都市ガスサハリン2事件LPG車タンカータンクローリー車液化天然ガス運搬船道路特定財源

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation