@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

MARCレコード【まーくれこーど】

図書館情報学用語辞典

MARCレコード
書誌的記録を,一定フォーマットによって,機械可読媒体上に記録したもの”(『日本目録規則1987年版改訂3版』用語解説).機械可読の形式により特定の書誌的記録や典拠の記録などを機械可読媒体上に収容したものがMARCレコードであり,同時にそれらのレコードは,書誌レコード所蔵レコード典拠レコードなど,その種類に応じた呼称で呼ばれる.個々のレコードは,情報交換用MARCフォーマットにおいては,レコードラベル,レコードディレクトリ,データフィールド群,およびレコード終端記号からなるが,各データ処理システム(目録システムなど)内のファイルやデータベースにおいては,通常,それらとは異なる構成をとることが多い.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

MARCレコード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

MARCレコードの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation