@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

MOX燃料【モックスネンリョウ】

デジタル大辞泉

モックス‐ねんりょう〔‐ネンレウ〕【MOX燃料】
MOXは、mixed oxide》原子力発電所で使用したウラン燃料を再処理工場で処理し、ウランプルトニウムの混合酸化物としたもの。ウランと同様に核燃料として利用する。ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料プルサーマル燃料。MOF(mixed oxide fuel)。→プルサーマル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

MOX燃料
もっくすねんりょう

混合酸化物燃料(Mixed Oxide Fuel)の略称。二酸化ウラン(UO2)と二酸化プルトニウム(PuO2)の混合酸化物よりなる核燃料である。高速炉の燃料をさすこともあるが、プルトニウムを軽水炉で利用する際の、つまりプルトニウムのサーマル利用(プルサーマル)の際の燃料の名称として広く用いられている。通常のウラン燃料を原子力発電所で燃やすと、ウラン量の1%程度のプルトニウムが生成される。この使用済み燃料を再処理することによって、プルトニウムを取り出すことができる。ウランおよび取り出したプルトニウムの酸化物の粉末を高温でペレット状(円筒型)に焼き固めて製造したものがMOX燃料である。なお、再処理工程で取り出した直後のプルトニウムを用いてMOX燃料を製造する場合は、MOX燃料中のプルトニウム酸化物の含有率は4%程度ですむが、再処理した後、長期間保管したプルトニウムでは、その一部が中性子をむだに吸収するアメリシウムに変換し、核分裂の効率が落ちるため、場合によっては含有率を10%程度まで高めなければならない。

 なお、プルトニウムを高速増殖炉で利用する場合には、天然ウランの99.3%程度を占める「燃えない」ウラン238に炉内で中性子を吸収させると、原理的にはすべてプルトニウムに変えて燃やすことができるようになるので、資源の有効利用度は100倍程度になる。しかしプルサーマルの場合、使用済み燃料中に1%程度生成するプルトニウムを利用するにすぎない。これはウラン燃料中の「燃える」ウラン235(低濃縮ウランの含有率は約3~4%)が20~30%程度増えることに相当するが、資源の有効活用度も同程度であり、有効活用手段としての価値は低い。このように価値が低いにもかかわらず、プルサーマル政策が放棄されないのは、本来プルトニウムを取り出すことが目的である再処理工場の存在理由に役だてるためだという批判もある。

[舘野 淳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

MOX燃料
混合酸化物燃料」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

MOX燃料」の用語解説はコトバンクが提供しています。

MOX燃料の関連情報

関連キーワード

プルサーマルプルサーマル利用プルサーマルプルサーマルMOX(モックス)高浜原発MOXMOFMOX

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation