@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

MRSA【エムアールエスエー】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

MRSA
エムアールエスエー
methicillin-resistant Staphylococcus aureus
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌略称で,院内感染のおもな原因とされている。強い毒性によって,免疫機能の低下している手術後の患者や,長期入院し複数の抗生物質投与を受けている患者,または抵抗力の弱い老人などに感染し,肺炎敗血症などを引起す。各種の抗生物質に対して強い耐性をもつため,治療が非常に困難であり,死亡率も高い。治療薬としては,新生児にも使用の認められている数少い抗生物質である塩酸バンコマイシン,MRSA中の酵素によるアセチル化燐酸化などの不活化に対して安定で,しかも強い抗菌活性をもつ硫酸アルベカシン,ニューキノロン類のノルフロキサシン,b-ラクタム剤のコフメタゾール,フロモゼフなどがある。また,土壌細菌から得られたジペプチド型の化合物が強い抗菌活性を示したという報告もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

MRSA
食中毒やおできなどの原因になる黄色ブドウ球菌が、抗菌薬に対する抵抗性を獲得した病原菌。健康な人でも鼻の中や皮膚、のどなどにおり、米疾病対策センターによると、健康人100人中2人の鼻にMRSAがいる。これら市中のMRSAが施設や病院に持ち込まれる例も増えている。健康な人では、毛穴傷口から入り込んで皮膚が化膿(かのう)する病気を起こすことがあり、免疫力が低下している人の場合は、肺炎や骨髄炎心内膜炎など深刻な病気につながることがある。いったん発症すると、効く薬が少ないため治療が難しい。
(2016-12-02 朝日新聞 朝刊 岡山全県・1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

エム‐アール‐エス‐エー【MRSA】[Methicillin-resistant Staphylococcus aureus]
Methicillin-resistant Staphylococcus aureus》⇒メチシリン耐性黄色葡萄球菌

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

MRSA
methicillinresistant Staphylococcus aureus
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌。変異によりメチシリンなどの抗生物質に対する耐性を獲得した黄色ブドウ球菌。化膿性疾患・肺炎・敗血症などを起こし、院内感染の原因となる。 → VRSA院内感染

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内科学 第10版

MRSA
methicillin resistant Staphylococcus aureus,メチシリン耐性黄色ブドウ球菌

出典:内科学 第10版
©Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は原書刊行時(2013年)の時点での最新のものです.常に最新の内容であることを保証するものではありません。また,権利関係の都合で一部表示できない図や画像があります。

化学辞典 第2版

MRSA
エムアールエスエー

methicillin resistant Staphylococcus aureus(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)の略称.ペニシリン系抗生物質メチシリンに耐性をもつ黄色ぶどう球菌をいい,種々のβ-ラクタム薬に耐性を示すため,院内感染起因菌となっている.一般に黄色ぶどう球菌は,化膿性炎症を引き起こす菌で,従来は有効な抗生物質が多く存在していたが,黄色ぶどう球菌に対するセフェム系抗生物質の使用の増加により,しだいに多剤耐性の黄色ぶどう球菌が出現してきた.MRSAは,とくに易感染性患者(がん,免疫低下,術後患者など)に重篤な感染症を引き起こすことが報告されており,治療にはバンコマイシンが投与される.一方で,バンコマイシンへの耐性菌(VRE)が出現して問題となっている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

MRSA
メチシリン耐性黄色ブドウ球菌」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

MRSA」の用語解説はコトバンクが提供しています。

MRSAの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation