@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

NTCIR【えんてぃさいる】

図書館情報学用語辞典

NTCIR
情報検索やテキスト要約などのテキスト処理技術の向上を目的として,国立情報学研究所を中心に開発された検索実験用データセット.データベースのほか,利用者の検索要求を記述した「検索課題」,検索課題を満たす「正解文書の網羅的なリスト」を含む.日本語と英語だけでなく,アジア言語も対象としている.米国のTRECをモデルとし,日本および海外の多数の大学・企業のチームの参加・協力によって作成された.ワークショップが1999年から開催され,一般的な検索(随時検索)のほか,言語横断検索や自動要約など種々の研究課題が設定されている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

NTCIR
えんてぃさいる
情報検索のための研究用データセット。NII Testbeds and Community for Information access Reserchの略である。日本の国立情報学研究所(NII)が中心となって、世界各国の研究者とともにデータを整備している。情報検索のためには、まず情報検索の対象となる文書セットが必要であるが、これはおもに多くのWebページを巡回して文書を収集することによって作成される。これらの文書に対して、人が情報検索を行ったとき、その検索文と、その検索文によってみつかることが期待される文書(正解)のペアを用意している。[丸山 宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

NTCIR」の用語解説はコトバンクが提供しています。

NTCIRの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation