@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

OECD【おーいーしーでぃー】

デジタル大辞泉

オー‐イー‐シー‐ディー【OECD】[Organization for Economic Cooperation and Development]
Organization for Economic Cooperation and Development》経済協力開発機構。加盟国の経済的発展、開発途上国への援助、貿易の拡大などを目的とする国際協力機関。1961年、OEEC(欧州経済協力機構)を改組して、パリに設立された。日本は1964年(昭和39)に加盟。
[補説]加盟国は英国・ドイツ・フランス・イタリア・オランダ・ベルギー・ルクセンブルクフィンランド・スウェーデン・オーストリアデンマーク・スペイン・ポルトガル・ギリシャ・アイルランドチェコハンガリーポーランドスロバキアエストニアスロベニア・日本・米国・カナダ・メキシコ・オーストラリア・ニュージーランド・スイス・ノルウェーアイスランド・トルコ・韓国・チリ・イスラエルラトビアの35か国。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集

OECD
経済協力開発機構。第2次世界大戦後に欧州復興計画(マーシャルプラン)を推進してきたOEEC(欧州経済協力機構)が前身で、1961年にOECDとして改組された。 1)経済成長、2)貿易自由化、3)途上国支援を3大目的とする。2010年現在、加盟国は30カ国を超える。下部機構に貿易委員会、経済政策委員会(EPC)、開発援助委員会(DAC)などがある。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

オーイーシーディー【OECD】
経済協力開発機構Organization for Economic Co‐operation and Developmentの称。1961年9月30日発効のOECD条約にもとづき発足した国際機構であるが,前身のヨーロッパ経済協力機構Organization for European Economic Co‐operation(略称OEEC)を改組・発展させたもの。本部パリ。 OEECは,ヨーロッパ復興計画(マーシャル・プラン)の援助受入れに際し,ヨーロッパ側の協力態勢を整えるための機関として1948年4月に設立されたものであり,パリに本部がおかれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

OECD
Organisation for Economic Cooperation and Development
経済協力開発機構。1961年 OEEC を改組し、アメリカ・カナダなども参加して発足した西側の経済協力機構。貿易・資本の自由化、発展途上国援助、経済政策の調整などを目的とする。日本は 64 年(昭和 39)加盟。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

オー‐イー‐シー‐ディー【OECD】
(Organization for Economic Cooperation and Development の略) =けいざいきょうりょくかいはつきこう(経済協力開発機構)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

OECD
オーイーシーディー
Organization for Economic Cooperation and Development(経済協力開発機構)の略称。第二次世界大戦後の国際機構の一つ
1961年,ヨーロッパ経済協力機構(OEEC)を改組し,アメリカ・カナダを加えて発足。本部はパリで,自由世界の経済成長や貿易拡大のための協力を目的とする。日本は'64年加盟した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

OECD
経済協力開発機構」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

OECD
オーイーシーディー
経済協力開発機構」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

OECD
おーいーしーでぃー

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

OECD
オーイーシーディー

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

OECD」の用語解説はコトバンクが提供しています。

OECDの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation