@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

PA【ピーエー】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

PA
ピーエー
public address
もともとは,公衆を前にしての演説の意味であるが,演奏会のホールや野外ステージなどで,大勢聴衆のために音声を拡声すること,あるいはその拡声装置のことを指す。具体的にはマイクアンプ,スピーカ,ミキシング装置などがあり,大音響を必要とするロックなど,生の声に重きを置かないポピュラー音楽で用いられるのが普通であったが,最近ではクラシックでも,歌劇や声楽ソロコンサートなどでしばしば採用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ピー‐エー【PA】[public address]
public address》拡声装置。広い場所にを隅々まで行き渡らせるための設備で、マイク・アンプ・スピーカーなどのシステム全体をさす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピー‐エー【PA】[performance analysis]
performance analysis》作業分析。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピー‐エー【PA】[public acceptance]
public acceptance》⇒パブリックアクセプタンス

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピー‐エー【PA】[physician assistant]
physician assistant》⇒フィジシャンアシスタント

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピー‐エー【PA】[Palestinian Authority]
Palestinian Authority》⇒パレスチナ自治政府

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピー‐エー【PA】[public affairs]
public affairs》⇒パブリックアフェアーズ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピー‐エー【PA】[parking area]
parking area》⇒パーキングエリア

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

PA

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

PA
ぴーえー

紫外線(UV:ultraviolet rays)のうち、紫外線A波(UVA)を遮断する効果の程度を示す指標。protection grade of UVAの略。サンスクリーン(日焼け止め)の機能を表すのに用いられる。

 UVAの照射によってヒトの皮膚には持続型即時黒化とよばれる反応(照射直後から皮膚がわずかに黒くなる反応)が起こるが、この反応が起こる最小の紫外線量を最小持続型即時黒化量(MPPDD)といい、1平方センチメートル当り2ミリグラムのサンスクリーンを塗った部位のMPPDDを、塗らない部位のMPPDDで除して算出される値をUVAPFという。

 国内では日本化粧品工業連合会により、UVAPFの値に応じて「+(プラス)」の記号を用いて以下のようにPAをグレード表示することが取り決められている。

 PA+:UVAPF2以上~4未満、UVA防御効果がある
 PA++:UVAPF4以上~8未満、UVA防御効果がかなりある
 PA+++:UVAPF8以上~16未満、UVA防御効果が非常にある
 PA++++:UVAPF16以上、UVA防御効果がきわめて高い
 なお、人体に影響を及ぼす紫外線にはUVAのほかに紫外線B波(UVB)があり、UVBを遮断する効果の指標としてはSPF(sun protection factor)が用いられている。

 PAのグレードやSPFの値が高いほど紫外線の遮断効果は高くなるが、皮膚への負担等も考慮し、季節や場面に応じた性能のサンスクリーンを適切に使用することが勧められる。たとえば、買い物や散歩などの日常生活ではSPF10~20、PA+~++程度、屋外での軽いスポーツやレジャーなどではSPF20~30、PA++~+++程度、炎天下でのレジャーやマリンスポーツなどではSPF30~50+、PA++~++++程度のサンスクリーンが適当と考えられる。また、これらのサンスクリーンの性能が十分に発揮されるためには、十分な量をむらなく、2~3時間おきに塗り直すなどの対応も必要である。

[編集部 2019年1月21日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

Pa
パスカル」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

PA
SPF」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

PA」の用語解説はコトバンクが提供しています。

PAの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation