@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

PCB【ピーシービー】

デジタル大辞泉

ピー‐シー‐ビー【PCB】[polychlorinated biphenyl]
polychlorinated biphenyl》二つのフェニル基が結合したビフェニル塩素が多く付加している化合物総称。化学的に安定で、絶縁油・熱媒体・可塑剤潤滑油などに広く使われたが、生体に蓄積され有害なので、現在は使用禁止。ポリ塩化ビフェニル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピー‐シー‐ビー【PCB】[printed circuit board]
printed circuit board》⇒プリント基板

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ピーシービー【PCB】
ポリ塩化ビフェニルpolychlorinated biphenylの略。2個のベンゼンがつながったビフェニルに塩素がついたもので,塩素のつく位置と数で多くの異性体がある。日本では1954年から生産され,カネクロール(鐘淵化学),アロクロール(三菱モンサント)の商品名で市販された。安定性,不燃性,電気絶縁性に優れ,コンデンサー変圧器の絶縁油,熱媒体,潤滑油,可塑剤,印刷インキ,塗料,感圧紙などに広く用いられた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

PCB

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

PCB
ピーシービー
polychlorinated biphenyl
ポリクロロビフェニルの略で,ポリ塩素化ビフェニルともいい,ポリ塩化ビフェニルは,誤訳であるが慣用語として使われている。ビフェニル (→ジフェニル ) を塩素化することで,1分子中にあるそれぞれ3~6個の水素原子を,塩素原子に置き換えて得られた同族体の混合物である。淡黄色の油性から暗色の固体まであり,用途により混合物の組成が異なる。電気の絶縁性が高く,不燃で,安定性に優れているため,トランスやコンデンサの絶縁体,熱媒体,塗料,印刷用インキ,複写紙,可塑剤などと広範囲に利用されるようになったが,カネミ油症事件を契機に,1972年生産が中止され,厳しい使用制限を受けている。生体内に入ると分解されずに脂肪内に蓄積され,視力障害や肝臓障害などの中毒症状を起こす。日本における累積使用量は6万tに達し,2万~3万tは回収不能とされ,回収した分についても,適切な処理方法がないため蓄えられたままになっていたため,その保管・処分を規制するとともに処理を促進すべく,環境事業団に PCB処理施設の設置・管理権限を与える環境事業団法改正とともに 2001年,PCB特別措置法=「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」 (平成 13年法律 65号) が制定された。 2004年4月環境事業団は解散し,独立行政法人の環境再生保全機構にポリ塩化ビフェニル廃棄物処理助成事業 (PCB基金) が,日本環境安全事業株式会社にポリ塩化ビフェニル廃棄物処理事業がそれぞれ承継された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ピー‐シー‐ビー【PCB】
〘名〙 (polychlorinated biphenyl の略) =ポリえんかビフェニル(━塩化━)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

PCB
ピーシービー

polychlorinated biphenylの略称.[同義異語]ポリクロロビフェニル

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

PCB
ぴーしーびー

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PCB」の用語解説はコトバンクが提供しています。

PCBの関連情報

関連キーワード

ダイオキシン類水質汚濁PCTPCDF工業廃水PCB中毒

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation