@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

PDF【ピー ディー エフ】

知恵蔵

PDF
アドビシステムズが開発したファイル形式。拡張子は「pdf」。印刷物と同じようにレイアウトされた書類を、パソコンだけでなく携帯電話や携帯情報端末といった情報機器でも元通り表示できるよう設計されている。ファイルを表示、印刷するだけであれば、同社が無償で配布しているAdobe Readerで行えることもあって広く普及した。
(斎藤幾郎 ライター / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

パソコンで困ったときに開く本

PDF
アドビシステムズ社が開発したアドビ・リーダーで表示できるデータのファイル形式です。拡張子も「pdf」です。PDFファイルはパソコンの機種を問わず、書類をもとのレイアウト通りに表示できるのが特長です。インターネット経由でパンフレットなどの印刷物と同じものを配布したり、パソコンに付属する取扱説明書と同じものをパソコンの画面上で読むことができるため、広く利用されています。PDFファイルを作成するには、同社が開発した「アクロバット」など、専用のソフトか、ワード2013など、作成した書類をPDFのファイルとして保存できるソフトを使います。
⇨Acrobat、拡張子、ファイル形式

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

ピー‐ディー‐エフ【PDF】[portable document format]
portable document format》米国アドビシステムズ社が開発した、電子文書のファイル形式。テキストや画像のほかに、フォントやレイアウトの情報が収められており、パソコンの機種やOS環境に依存しない表示が可能。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ピーディーエフ【PDF】
アドビシステムズが開発した、電子文書のためのファイル形式。文字の書体、大きさ、装飾、文書のレイアウト、画像や図形の情報などを収めている。電子文書の作成時と異なる環境においても、専用の閲覧ソフトAdobe Readerにより、元のレイアウトの通りに表示や印刷ができる。◇「portable document format」の頭文字から。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぴーでぃーえふ【PDF】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

PDF
Portable Document Format
異種のパソコン間でのドキュメントの交換を可能にするファイル形式の一つ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

PDF
ぴーでぃーえふ
アドビシステムズ社が開発した電子文書のファイル形式。ファイル名にpdfという拡張子がつく。portable document formatの略。ワードプロセッサーやデザイン・レイアウトソフトなどで作成した文書や画像を、データのまま配布したり電子メールに添付して送信する場合、相手先のコンピュータに作成したものと同じソフトウェアがないと、閲覧できなかったりレイアウトや文字のサイズ・書体が再現できないことが多い。PDFフォーマットは、相手先の機種やOS環境、ソフトの有無にかかわらず、オリジナルにかなり近い形を保てるのが特徴である。また、高品質なプリントアウトや印刷用原稿としての利用も可能である。
 アドビシステムズ社が無料で配布しているADOBE READERを使用することで、さまざまな環境でファイルを表示、印刷することができる。作成には、同社のAcrobatを使用するが、多数提供されている低価格な他社製品やフリーウェア(無償のソフトウェア)でも可能。なお、PDF1.7は、2008年7月、国際標準化機構(ISO)によりISO32000-1として標準化されている。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

PDF
電子文書のためのファイル形式.PostScriptというファイル形式をもとにして米国Adobe Systems社が開発した.ファイル内に文字データだけでなく,フォントや文字装飾の情報,図表やイラストなどの画像情報,レイアウト情報なども持つため,ファイル作成時に使用したアプリケーションやOSが異なっていても,元の文書をほぼ原形通り,印刷物のイメージのままに表示・印刷することが可能.また,作成されたPDFファイルは元の文書ファイルに比べ容量が縮小される.このような特性により,インターネットで電子文書を流通させるための標準的ファイル形式の一つとなっている.PDFファイルの作成と表示・印刷には専用のソフトウェアが必要.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PDF」の用語解説はコトバンクが提供しています。

PDFの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation