@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

POP【ポップ】

デジタル大辞泉

ポップ【P.O.P.】[point-of-purchase]
point-of-purchase》店頭。購買時点。→ポップ広告

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポップ【POP】[post office protocol]
post office protocol》⇒ポップスリー(POP3)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブランド用語集

POP
POPとはpoint of purchaseの略で、購買時点での広告をいう。売り場のポスターや掲示板、看板、ディスプレー、ステッカーなどが相当する。

出典:(株)トライベック・ブランド戦略研究所
(C) 2018 Tribeck Brand Strategies,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集

POP
Post Office Protocolの略。インターネットやイントラネット上で、現在最も広く普及しているメールを受信するためのプロトコル。現在は、改良されたPOP3(POP Version3)が使用されている。

出典:(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ポップ【POP】
電子メールの受信に使用するプロトコル。利用者あての電子メールを保存しているメールサーバーから電子メールを取り出す際に使われる。現在はPOPを改良したプロトコルであるPOP3、およびこれに対応したPOP3サーバーが広く用いられている。◇「post office protocol」の頭文字から。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

pop

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ぴーおーぴー【POP】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

POP
〖pointofproduction〗
生産現場。作業現場。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

POP」の用語解説はコトバンクが提供しています。

POPの関連情報

他サービスで検索

「POP」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation