@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

PPPoE【ピー ピー ピー オー イー】

パソコンで困ったときに開く本

PPPoE
国内のほぼすべてのADSL接続と、一部の光ファイバー接続で利用されているデータ通信方式です。「PPP over Ethernet(ピーピーピー・オーバー・イーサネット)」の略で、アナログ回線経由で別のコンピュータと接続するために作られた通信規格「PPP」をLANのイーサネットで使えるよう、修正や拡張を加えた規格です。
⇨ADSL、PPP、イーサネット

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

ピー‐ピー‐ピー‐オー‐イー【PPPoE】[point to point protocol over Ethernet]
point to point protocol over EthernetPPPイーサネット上で利用できるようにしたもの。IPoE方式と異なり、ルーターなどの専用の通信機器を必要とする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ピーピーピーオーイー【PPPoE】
イーサネットの回線を通じてPPP接続をするためのプロトコルADSLFTTHをはじめとするブロードバンドのインターネット接続サービスに使われる。◇「point-to-point protocol over Ethernet」から。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

PPPoE
PPP over Ethernet
イーサネット上で、PPP と同等の機能を実現するプロトコル(通信規約)。本来は電話回線などで行われるダイヤルアップ接続と同等の機能を、LAN などの常時接続環境で実現する。xDSL によるインターネット接続などに利用される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

PPPoE
ぴーぴーぴーおーいー

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PPPoE」の用語解説はコトバンクが提供しています。

PPPoEの関連情報

関連キーワード

ギガビットEthernet広域Ethernetフレーム間隔時間ロバート・メトカルフェ10GbE10BASE-T高速Ethernetブロードバンド方式1000BASEISCSI

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation