@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

PaaS【ぱーす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

PaaS
ぱーす
クラウドコンピューティングの一つ。Platform as a Serviceの略。インターネット経由で、アプリケーションを利用するためのプラットフォーム(基盤)であるOS(オペレーティングシステム)やウェブサーバーやアプリケーションサーバーなどのミドルウェア、開発のための環境やツールなどを提供するサービスやシステムをさす。
 アプリケーションを稼動させるために必要な環境やサービスを、ユーザーが必要な分だけ選択して利用する。そのため、自前でプラットフォームを構築する場合に比べ、メンテナンスも含めたコストや手間を省くことができる。アプリケーション機能を提供するSaaS(Software as a Service)や、コンピュータ・ネットワークの土台を提供するIaaS(Infrastructure as a Service)と組み合わせて使われることも多い。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

パース【PaaS】[platform as a service]
platform as a service》インターネットを経由してソフトウエアを利用するための実行環境全体(ハードウエアオペレーティングシステムといったプラットホーム)を提供するサービス。ソフトウエアのみの利用はSaaS(サース)というサービスが知られていたが、さらにプラットホームや開発環境の一式を、その内容や規模に応じてサービス料を支払って利用する。SaaSをより発展させたサービス形態であり、クラウドコンピューティングのサービスの一つ。パーズ。サービスとしてのプラットホーム。プラットホーム‐アズ‐ア‐サービス。→IaaS(イアース)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

PaaS」の用語解説はコトバンクが提供しています。

PaaSの関連情報

関連キーワード

肺循環の生理・病理生理カタルーニャ広場サンジャウマ広場レイアール広場ポリ乳酸バイオマスプラスチックプラマテルズR.S.V.P.パレスチナ解放機構エーシック

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation