@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

RAW【ろう】

パソコンで困ったときに開く本

RAW
デジタルカメラ内で補正したり圧縮したりせず、撮像素子で受け取った生のデータを、そのまま記録したものです。画像1枚当たりのデータ量は巨大ですが、圧縮すると切り捨てられてしまう情報が残ります。高画質で画像を記録したいときに利用します。
⇨JPEG、TIFF

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

カメラマン写真用語辞典

RAW
 英語で「生の」という味。一般にデジタルカメラの イメージセンサー で受けた光はカメラ内で処理されてフルカラーの JPEG や TIFF といった画像ファイルに変換される。一方、RAWはイメージセンサーで受けた光の情報(画像処理を施す前の状態)をそのまま保存する形式のこと。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

ロウ【RAW】
リードアフターライト。◇「read after write」の頭文字から。⇒リードアフターライト

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

RAW
ロウ
デジタルカメラにおいて,撮像素子で取り込んだ光そのままの,画像データになる前の状態のデータ。RAWは「生」の意で,RAW画像,RAWデータとも呼ばれる。デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラ,ハイエンドクラスのコンパクトデジタルカメラで記録できる。通常デジタルカメラで撮影すると,画像処理エンジンによって JPEGなどの画像データに変換され,メモリカードなどに記録されるが,RAWで記録すると,パーソナル・コンピュータで専用ソフトウェアを使用して JPEGや TIFFなどの画像データに変換する必要がある。これを現像(RAW現像)と呼ぶ。RAWは現像時にホワイトバランスや解像度の設定が行なえるのが特徴。また JPEGは明るさやコントラストの調整を大きくすると,画質の大幅な劣化が避けられないが,RAWは画質の劣化を最小限に抑えることができ,撮影後に調整できるのが大きな利点。おもに画質を重視するプロやハイアマチュアの写真家に用いられている。一部のデジタルカメラでは,カメラ内に RAW現像機能をもつものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アール‐エー‐ダブリュー【RAW】[read after write]
read after write》⇒リードアフターライト

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

RAW」の用語解説はコトバンクが提供しています。

RAWの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation