@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

RNAウイルス【アールエヌエーウイルス】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

RNAウイルス
アールエヌエーウイルス
RNA virus
遺伝子 (核酸) としてデオキシリボ核酸 DNA ではなくリボ核酸 RNAを含むウイルス。通常の生物はすべて,遺伝子として必ず DNAをもつ。ウイルスも自己複製を宿主細胞に行わせる遺伝子成分として,DNAをもつものが多いが,RNAウイルスは RNAのみをもつ。その場合の遺伝暗号の翻訳機構には,RNAを基準として DNAを合成する逆転写酵素 (または RNA依存性 DNAポリメラーゼ) が働いて,細胞内で DNA暗号に戻ったのち,通常と同様に解読され,蛋白質合成指令に用いられる。植物ウイルスは大部分が RNAウイルス。動物ウイルスでも,エイズ,ヒトT細胞白血病,小児麻痺 (ポリオ) ,インフルエンザなどの病原ウイルスが,RNAウイルスである。細菌に感染するウイルスであるバクテリオファージにも,Qβ,f2 ,MS2,R17などの RNAウイルスが知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アールエヌエー‐ウイルス【RNAウイルス】
RNA virusRNA遺伝子としてもつウイルス総称。→DNAウイルス
[補説]ウイルス粒子の中で逆転写酵素によって遺伝子RNAをDNAに変換するRNAウイルスをレトロウイルスという。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

RNAウイルス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

RNAウイルスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation