@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

RNAレプリカーゼ【アールエヌエーレプリカーゼ】

世界大百科事典 第2版

アールエヌエーレプリカーゼ【RNAレプリカーゼ RNA replicase】
ウイルスRNAの複製に関与する酵素RNAウイルスは遺伝子本体としてRNAを粒子内にもつ。このRNA分子が感染細胞内で複製される反応は,宿主ゲノムの複製(DNA複製)とは異なった機構で行われ,ウイルスゲノム由来の酵素(または酵素のサブユニット)が関与する。RNAの複製過程は,遺伝子RNAが一重鎖である場合(例えばインフルエンザウイルス),二重鎖である場合(レオウイルス)等の差異にもとづき,異なった機構で起こり,関与する酵素も種々の名称で呼ばれる(例えばRNA依存性RNAポリメラーゼ)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

栄養・生化学辞典

RNAレプリカーゼ

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

RNAレプリカーゼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

RNAレプリカーゼの関連情報

関連キーワード

核酸RNA干渉リボ核酸マイクロRNAメローRNAポリメラーゼ遺伝暗号ファイアー逆転写酵素核酸

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation